通信販売コンサルティング 地方旅日記

通信販売コンサルティング 若松事務所
若松事務所概要 プロフィール セミナー お問い合わせ 地方旅日記 通販コンサル 中小通販クリニック 健康食品通販コンサルティング 健食通販道 通販コンサルタント 若松事務所
通信販売のコンサルティング 講演依頼はこちら
通信販売のコンサルティング 手順はこちら
地方旅日記目次
(株)清川屋
(株)長岡小嶋屋
(株)フタバ化学
(株)博多玄海
グループ・サンサックス
(株)ランインターナショナル
ルプラン(株)
(株)トリイヴィラ
奥出雲仁多米(株)
奥出雲仁多米(株)(1)
奥出雲仁多米(株)(2)
奥出雲仁多米(株)(3)
奥出雲仁多米(株)(4)
奥出雲仁多米(株)(5)

  島根県仁多郡仁多町  奥出雲仁多米(株) (1)

平成13年2月、「若松さん、ニタマイって知ってる?」。
電話の主は、(株)内田紙工業(本社埼玉県戸田市、内田和行社長、電話048−422−4600)の内田社長である。
「島根県の山の中に、仁多町という所があってさー、そこで取れる米が美味いんだよ。来週担当課長が別件で上京してくるから、ちょっと話しを聞いてあげてよ。試食用の米はすぐ送らせるから。仁多町で取れる米だから仁多米だってさ」。
いつもの調子で話す、内田社長のこの手の話は要注意である。これまでに何度か苦労をさせられている。なんだかよく判らないが、ともかくその「担当課長さん」にお会いすることにした。
銀座のビジネスホテルでお会いした「担当課長さん」は、島根県仁多町地域振興課課長宇田川和義氏である。れっきとした仁多町役場(岩田一郎町長、電話0854−54−1221)の課長さんであった。物静かで真面目そうな、私より4−5歳年上に見える方である。ビジネスホテルの近くの喫茶店で、宇田川課長からお話をお聞きすることにした。
「仁多町というのは、昭和30年に旧5町村が合併して出来た町で、現在の人口は9,000人です。松江市から南に40km、車で約1時間かかります。中国山地の山懐にある自然に恵まれた町で、JR木次線(ローカル線)が走り、最寄の空港は出雲空港になります。町の86%は山林で、古くは農耕と山砂鉄・木炭による「たたら製鉄」が主産業でした。今は農業が基幹で(農家率54%、農家人口率65%)、お米や肉牛、椎茸の産地として知られています。お米は「仁多米」という銘柄のコシヒカリです。平成10年産米全国食味ランキング(日本穀物検定協会)で、新潟の魚沼産コシヒカリと同じ「特A」を獲得した美味しい米です。西日本で「特A」を獲得したのは「仁多米」だけです。この「仁多米」を売るのが私の今の仕事なのです。仁多郡には、仁多町と横田町があります。この2町が出資して「奥出雲仁多米株式会社(島根県仁多町、岩田一郎(仁多町町長)社長、電話0854−54−2248)」という販売会社を設立しました。いわゆる第3セクターです。出来るだけ通販で売りたいのですが、どうやったらいいのかノウハウが有りません。富士銀行に勤めている私の弟が、たまたま内田社長と仕事上知り合いでしたので、お力添えをお願い致しました」。
宇田川課長のお話を聞いているうちに、だんだんと様子が解って来た。
内田社長は郵政省のDM大賞を5年連続受賞した、DM業界では有名な実力者である。その内田社長がDMを作る以前の問題と判断し、私を紹介したようだ。一応宇田川課長が持参した商品パンフレットを見せて頂いて、思わず私は唸ってしまった。持参されたパンフレットは、お米の商品パンフレットというよりも、カントリィーエレベーター(大規模乾燥調整貯蔵施設)ばかりが目立つ内容である。お米を売りたいのか、カントリィーエレベーターを自慢したいのか、さっぱり解らないのである。
ともかく、翌月に仁多町にお伺いする事を約束してその日は終えた。産直品を知るには産地に行くのが一番である。

目次 次へ 

| 事務所概要 | プロフィール | セミナー | お問い合わせ | 地方旅日記 | 通販クリニック | 健食通販道 | トップページ |