通信販売コンサルティング 地方旅日記

通信販売コンサルティング 若松事務所
若松事務所概要 プロフィール セミナー お問い合わせ 地方旅日記 通販コンサル 中小通販クリニック 健康食品通販コンサルティング 健食通販道 通販コンサルタント 若松事務所
通信販売のコンサルティング 講演依頼はこちら
通信販売のコンサルティング 手順はこちら
地方旅日記目次
(株)清川屋
(株)長岡小嶋屋
(株)フタバ化学
(株)博多玄海
グループ・サンサックス
(株)ランインターナショナル
ルプラン(株)
(株)トリイヴィラ
(株)トリイヴィラ(1)
(株)トリイヴィラ(2)
(株)トリイヴィラ(3)
(株)トリイヴィラ(4)
奥出雲仁多米(株)

  東京都中央区 (株)トリイヴィラ (3)

ともかく投資資金を得る為に、BtoBや催事販売などあらゆるチャンネルを視野に入れる事である。
「どくだみ」について語る山中社長は、明るく社交的で、とても苦労人のようには見えない。苦しかった時のお話をしているときも、明るく難しい顔を見せない営業的センスの持ち主である。スタッフは山中社長を含め男性2名、女性2名の計4名である。この4名で、平成11年秋から本格的に販売施策を練り上げる一方、これまでの顧客データ‐、販売データ‐の整理が始まった。コンピューターシステムも導入し、受注体制は着々と進んだ。
この時トリイヴィラは平成8年の会社設立以来支援者の協力により数箇所に催事出店をしていた。銀座の「プランタン銀座」、渋谷の「東横のれん街」、埼玉県日高市の「(株)サイボク(サイボクハム)」の3箇所である。
特に(株)サイボク(笹崎静雄社長、電話0429−89−2221)の笹崎龍雄代表取締役会長には会社設立当初から支援をして頂いていた。(株)サイボクはその母体に(株)埼玉種畜牧場(笹崎静雄社長、電話0429−89−2221)を持ち、埼玉県日高市に広いエンターティメント会場を持っている。(株)埼玉種畜牧場で飼育した豚や牛を基に精肉、ハム、ソーセージの販売からレストランまでも会場内で運営している。子供が直接豚に触れることが出来る体験学習広場や豚の供養塔などがある。本場ドイツの「国際ハム・ソーセージ競技会」で、みごと金メダルを受賞した、知る人ぞ知る国際的商品が販売されている。此処で販売している肉類は全て無添加、無防腐剤の自社飼育製品であり、卸売りは一切していない。
私も一度見学に行って見たが、広い駐車場には、何十台もの観光バスが並び、安心安全な商品を求める買い物客で賑わっていた。会場内には牧場内から出る堆肥で作られた有機野菜類や本物志向の製品が並び、本物食品バザールのような雰囲気であった。此処に出品を許される商品は、まさに本物として認知された商品ばかりで、トリイヴィラの「どくだみの雫」はそんな本物達と肩を並べていた。大きな広告費をかけられないトリイヴィラにとって、催事場で得るリストは貴重であり、何事にも替えがたい財産である。まして来場者が本物志向の客であれば優良顧客にもなり得る宝である。
そんな催事リストが50件、100件と蓄積し、平成12年春には、ようやく1,000件のDMを出せるまでになった。さらに本物商品として新聞や雑誌に紹介されることが多くなり、顧客は急激に増えてきた。注文客からの電話だけではなく問い合わせも増えてきた。主な問い合わせは「どくだみ」の効能効果に付いてであるが、清涼飲料水として販売しているため、「どくだみの雫」は、これこれに効きますとは言えない。
「どくだみ」の素材については「日本薬局方」に収載されている事項や、総合法令出版(株)から発行されている「ドクダミってすごい!」(著者:ヘルス・メディ、¥952円)、東林出版社から発行されている「ドクダミの青汁があなたの体からすべての毒を洗い流す」(著者:浅井隆、三村和男、山中光江、¥1,400円)などの本を読んでもらうことにしている。アトピー性皮膚炎についての問い合わせには、「どくだみ」を使用した治療で有名な埼玉市の三村外科医院(三村和男医学博士、電話0488−52−8701))をお知らせしている。

 前へ 目次 次へ 

| 事務所概要 | プロフィール | セミナー | お問い合わせ | 地方旅日記 | 通販クリニック | 健食通販道 | トップページ |