通信販売コンサルティング 地方旅日記

通信販売コンサルティング 若松事務所
若松事務所概要 プロフィール セミナー お問い合わせ 地方旅日記 通販コンサル 中小通販クリニック 健康食品通販コンサルティング 健食通販道 通販コンサルタント 若松事務所
通信販売のコンサルティング 講演依頼はこちら
通信販売のコンサルティング 手順はこちら
地方旅日記目次
(株)清川屋
(株)長岡小嶋屋
(株)フタバ化学
(株)博多玄海
グループ・サンサックス
(株)ランインターナショナル
ランインターナショナル(1)
ランインターナショナル(2)
ランインターナショナル(3)
ランインターナショナル(4)
ランインターナショナル(5)
ルプラン(株)
(株)トリイヴィラ
奥出雲仁多米(株)

  東京都中野区 ランインターナショナル(株) (3)

発売予定の10月が近ずき、やむなく予定を6ヶ月遅らせることにした。新しい販売開始予定を平成7年4月に定めたのである。その頃、大久保社長はようやく解決の糸口を見出していた。その方法は「原材料の精製度合いを上げること」である。
原材料の精製度合いを上げると、脱臭、脱色、脱酸効果が有る事は判っていたが、大幅なコストアップになる。それゆえに多くの化粧品会社が採用しない解決方法であった。成分比率を上げ、なをかつ原料の精製度合いを上げれば、ダブルでコストアップになるが大久保社長は、この方針を決心した。ここでも、製造直販のメリットが物を言ったのである。
それからの製品開発はスムースに進み、量目、売価、容器のデザイン、パッケージデザイン等が次々と決まり、商品化が一挙に完成していった。化粧品はイメージ商品である。実用品と違い使用者によって使用感が違い、評価も違う。ただ美しくなりたいという願望は同じで、美しくなった自分をイメージし、夢と希望を持って使用する。
そこで商品のアッピールにはモデルを起用することが多い。美しいキャラクターと自分をダブらせて買ってくれる。(株)エスコスでも大久保社長の発案で、モデルを起用し商品イメージを作ることにした。
小資本の中小企業であるから、有名人は使えないので、プロの新人モデルを登用する作戦である。数多くのモデルの中から写真選考をし、オーデションを行った。

決定したのはモデルクラブに所属していた新人で、フランス系カナダ人のディナ・レノン嬢である。ディナ嬢は身長170cmの超美人で人柄も良く、まさにイメージキャラクターとして最適な女性であった。しかも、新人ということで契約料金は格別に安く契約ができ、大久保社長のオメガネにかなったモデルである。
美人を安く契約するだけならば、素人の女性を登用する方法もあるが、私は以前に、素人モデルの登用で大失敗をしたことがある。ある健康食品会社のイメージキャラクターに素人モデルを登用した時のことである。知人から紹介された若い女性はいかにもハツラツとした健康美人で、申し分が無かった。この娘はいける、と確信した。
写真取りをする当日、スタジオに来たその娘の顔を見て驚いてしまった。前夜友人達と深夜まで飲んでいたらしく、酒と寝不足で、肌は荒れ、顔はムクみ、全く絵にならないのである。スタジオや衣装の借り賃、メイクやカメラマン等の日当全てが無駄になり、カタログ製作も遅れた。素人モデルだから仕方が無いかもしれないが、それ以来プロ意識のないモデルは起用しない事にしている。
たとえ新人モデルでも、売れてないモデルでも、プロにはプロ意識が有り、自分を最大限に美しく、魅力的に表現する術を知っている。間違っても前夜深酒したり、寝不足状態でスタジオに来ることはありえないのである。

 前へ 目次 次へ 

| 事務所概要 | プロフィール | セミナー | お問い合わせ | 地方旅日記 | 通販クリニック | 健食通販道 | トップページ |